各風俗での働くための条件まとめ

時給が高い風俗店で働く

風俗で働ける人の条件とは

キャバクラやガールズバーで働くなら、お客さんとコミュニケーションを取ることを意識してください。 無言のままだと、お客さんはおもしろくありません。 お客さんを楽しい気持ちにさせることが仕事です。 自分の話をするのが苦手な人は、お客さんの話をひたすら聞いてください。

お客さんとコミュニケーションを取る

風俗には、キャバクラやガールズバーなどの種類があります。
そこはお客さんと一緒にお酒を飲んで、楽しく会話をすることが主な仕事内容になります。
ですから、お客さんとコミュニケーションを取れる能力が必要になります。
会話ができないと、お客さんも一緒にお酒を飲んでも楽しめません。
それでは人気が出ないので、積極的にコミュニケーションを取ることを意識してください。
風俗店に、自分の話をしに来るお客さんが多いです。
ですから聞く側になってください。

ソープやデリヘルなどの風俗は、お客さんに性的なサービスを施します。
テクニックを持っていないと、お客さんを気持ち良くさせることはできません。
どうすればお客さんが気持ち良いと感じてくれるのか、喜んでくれるのかを意識して仕事に取り組んでください。
慣れないうちは、先輩スタッフに聞いても良いですね。
積極的に質問できる人は、風俗の仕事に向いています。
先輩たちから技術を教えてもらって、お客さんに施してください。

中には高級風俗店と呼ばれるお店もあります。
そこは、採用される人の条件が細かく決まっています。
外見がある程度整っていて、スタイルが良い人しか採用されないので注意してください。
容姿に自信がある人は、求人に応募しても良いでしょう。
高級風俗店は、大衆向けの風俗店に比べて時給が高いです。
ですからやりがいも大きくなります。
最初は大衆風俗店で働いて、慣れたら高級風俗店に挑戦しても良いでしょう。

テクニックが必要な仕事もある

お客さんに性的なサービスをする場合は、テクニックが必要です。 気持ち良くさせられない人は、採用されてもすぐクビになるでしょう。 自分の技術を磨くことに専念してください。 どうすれば良いのかわからなかったら、先輩スタッフに聞くのが最も良い方法です。

条件が厳しく決まっているお店

大衆向けの風俗店より、高級風俗店の方が厳しい条件が決められています。 採用されるのは難しいですが、時給が高いのでやりがいは大きくなります。 年齢制限が決まっている風俗店も見られるので、条件をしっかり見てください。 条件に該当しないなら、残念ですが諦めましょう。

TOPへ戻る